スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庶民の海外旅行 ⑩

昨日何気にTVを見てたら、モナコ在住の日本人奥様の生態をやっていた。
この女性は、ウォーキングで有名なデューク更家さんの奥様であるが、
あれを見て、今後デューク更家のウォーキング教室の生徒は大幅に減ると思った庶民ちょいなです。

だって、いかれぽんちな奥様の虚栄心を満たすために、
月謝を払い続ける奇特な日本人は多くないと思ったのは私一人じゃないはず。

さて、旅行の続き・・・

バンテアイ・スレイ (Banteay Srei) はカンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、ヒンドゥー教の寺院遺跡。バンテアイは砦、スレイは女で、「女の砦」を意味する。大部分が赤い砂岩により建造されている。規模こそ小さいが、精巧で深くほられた美しい彫刻が全面に施されている。こうしたことから観光客には大変な人気があり、「アンコール美術の至宝」などと賞賛されている。中でもデヴァターの彫像は「東洋のモナリザ」とも呼ばれている。

   バンテアイ・スレイ
バンテアイ・スレイ
                   
                       バンテアイ・スレイ

彫刻はヒンズーの神様や物語がモチーフとなっている。
しかし、あまりの暑さのため内容はほとんど忘れた。ガイドさんごめんなさい。


           バンテアイ・スレイ

             こちらが東洋のモナリザとよばれているデヴァータ像。
            昔は近くまで行けたらしいけど、今は遠くからしか拝めない。

   バンテアイ・スレイ

   バンテアイ・スレイ

   


見学のベストタイムが午前中。日が当たる時間が朱が映えて綺麗に見えるとのこと。
ゆっくり、見学したいところなんだけど、マジ暑かった。

庶民の海外旅行 ⑨

 旦那から風邪をうつされて、咳が止まらない庶民ちょいなです。
 年齢とともに、咳の声?音?も変わってきました。
 若いころは結構高音でコンコンって感じで咳してたのに、
 最近じゃ、野太いゲホゲホとかグホォグァホォみたいな音しかしない。
 おばちゃんというより、おっさんですな。

 さて、旅行記の続き・・・
 
  シェムリアップの夜は結構楽しい。

  ナイトライフ

 ナイトマーケットエリアでは人が大勢くりだしている。
 
ナイトライフ

 パブストリートでは多くのレストランが軒をならべている。
 ここで食べてみたかったなぁ・・・・・・



        ナイトライフ        ナイトライフ
               632.jpg


       マッサージもたくさんある。路上に椅子並べてそこでやってもらう。
       お安いけど、マッサージの腕は、あんまり期待しないほうがいい。


ナイトライフ

      ドクターフィッシュもいる。 
      この中国人家族、お父さんのとこばっかりに魚集まってきてる。
 

 

庶民の海外旅行 ⑧

また、ブログを放置してしまいました。庶民ちょいなです。
旅行から帰ってきて、2か月がたつのにまだUPが終わりません。
ひとえに、集中力の欠如と適応力の低下=老化に原因があると思われます。
そうそう、記憶力も低下してまいりました。2か月の前の記憶を呼び起こしております。

アンコールワットは西向きに建てられている。
だから、丁度アンコールワットの後方から朝日が昇る。
この朝日を見るのが観光の目玉になっている。



       アンコールワットの朝日

                朝もやの中のアンコールワット


        アンコールワットの朝日


           
        アンコールワットの朝日

                ご来光 ヒンズーの神々が下りてきそうだわ。

    静寂さと、神秘を感じるかもしれないけど

    実は・・・・・・・・・・



            アンコールワットの朝日


          こんだけ人がうじゃうじゃいる。 神秘もくそったれもない。
          
          

  

庶民の海外旅行 ⑦

気温の急激な変化に身体が対応できないオバちゃんちょいなです。

昔子供のころ、アニメ、ゲゲゲの鬼太郎で“アンコールワットの幽霊”というのを見たことがあります。
アンコールワットの周りを落ち武者だか、兵隊さんだかの幽霊が列をなして歩くのです。
なんで、アンコールワットに日本の落ち武者がいるのかわかりませんが、
とにかく恐ろしくて、アンコールワットは怖い所だと、若干トラウマになってしまいました。

             
          アンコールワット

       私の記憶にある、ゲゲゲの鬼太郎で見たアンコールワットは
       朽ち果て具合がこんな風だった。


アンコールワットアンコールワット

現在は世界各国からの援助の下、修復工事は着々と進み、幽霊が出そうなおどろおどろしさは全くありません。

アンコールワットアンコールワット

             アンコールワット


      アンコールワットアンコールワット

                 壁面の彫刻が美しいです。

             アンコールワット

               みなさん撫でるところは同じようで・・・

アンコールワット
             アンコールワット

            ラーマヤナのお話が延々と壁画上に描かれています。

庶民の海外旅行 ⑥

今日はすごい風が吹いてますね。
外に出たら、花粉まみれになりそうです。

さて、庶民ちょいなの旅行は続きます。

 こちらはパプーオンという遺跡です。
 パプーオンは隠し子という意味だそうです。
 なんやら、王女様がここに自分の子を守るためにここに隠したという伝説があります。
 中央には50mの塔があったのですが、倒壊したそうです。
      
       bapuon.jpg

           この参道はアンコール・ワットと同じような作りです。      
       アンコール・トム バイヨンアンコール・トム バイヨン

上に登ると結構高いです。修復終わってるそうですが、周りには瓦礫みたいなのが積まれてます。
          アンコールトム バイヨン

 遺跡の裏側は寝釈迦になってます。 もともと、ヒンズー寺院だったのですが、のちに仏教徒によって
 御釈迦様が加えられました。アンコールの遺跡はヒンズーの上に、
 仏教の要素が加わってわけわからんようになってます。

            アンコールトム バイヨン
アンコールトム バイヨンアンコールトム バイヨン

こちらはビミナヤカスという遺跡なんですが、天上の空楼、空中楼閣とかいう意味らしい。
う~ん、これなんだっけ?全く記憶にありません。


アンコールトム 象のテラス
これは象のテラスです。
              アンコールトム 象のテラス

              象のレリーフがあるから、ってそのままやん。

アンコールトム 象のテラス

 テラスの上はこんな感じです。特に何もありません。
 王様の閲兵式につかわれたそうな。


アンコールトム 象のテラス

    こちらはライ王のテラス。三島由紀夫の戯曲にでてくるそうです。
    読んだことないけど・・・。

アンコールトム 象のテラスアンコールトム 象のテラス

  テラスの下は迷路になっていて、彫刻が山ほどある。どれもクール。


                ライ王

 ライ王です。本物はプノンペンの博物館にあって、これはレプリカだそう。
 像にカビが生えてたので、ライ王とかいわれちゃったらしい。 気の毒な・・・

 さあ、次はやっと本命のアンコール・ワットか?



プロフィール

ちょいな

Author:ちょいな
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。