スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節の変わり目

今年の春は寒くなったり、暑くなったり寒暖の差が激しかったですね。
こういう端境期には一体何を着たらいいのかいつもわからない庶民ちょいなです。

着るものも迷うけど、履くものもよくわからないんだよね。
今年は寒い日が多かったので、4月の中頃までショートブーツ履いてた。
5月の中頃になったらサンダルを履きだす。
ちょうど、まさにこの時期、なにを履いていいのかわからない。

おまけに私   超超まぬけの小足
足に合う靴がなかなか見つからないんだよ。
ただ今、パンプス難民中。
サンダルやブーツは多少合わなくても、なんとか履けるけど、パンプスはそうもいかない。
かわいいバレエシューズみたいなパンプス欲しいなぁ・・・
でも、見つからなかったから結局これを買った。

        021.jpg


40年代の復刻版らしい。
中学生のころ、緑色のハイカットはいてたなぁ・・・
何十年かぶりに履くコンバース。

おばちゃんが履いたら痛いかしら・・・・・・・・

スポンサーサイト

庶民の海外旅行 ⑮

やっと旅行記事の最後までUPすることができて、ほっとしている庶民ちょいなです。

今回の旅行ではあんまり印象に残る食べ物ってないんだよね。

なんか毎日フォー食べてた。
特にホテルの朝御飯のフォーはおいしかった。どこのホテルでも外れなし!

     422.jpg


ホーチミンの素敵レストラン
861.jpg

                         859.jpg

860.jpg


ここのはイマイチだった。 フォーはホテルの朝御飯のほうがずっとおいしかった。


ベトナム・カンボジアでおいしいのはジュース
     530.jpg飲み物

マンゴーとかスイカ、その他もろもろ。

飲んだアルコール

       ベトナムワイン

ベトナムワインはなんかシャバシャバしてて水みたい。

  飲み物     飲み物

        ビールはおいしい。ハノイビールとバーバーバービール

         418.jpg
            カンボジアのアンコールビール

        926.jpg

  ベトナムコーヒー。 コンデンスミルクと飲むとおいしい。


         蛇酒

         蛇酒。 これは飲んでない。空港で売っていた。

食べた物より、飲んだもの方が印象に残ってます。

  

庶民の海外旅行 ⑭

風邪で仕事休んでたらブログのUPがサクサク進んだ庶民ちょいなです。
旅行記もそろそろおしまいです。

カンボジアを離れ、ベトナムはホーチミンにやってまいりました。


 ホーチミン
    仏領インドシナのもとで急速に発展した街。   
 フランスの影響を受けたこの街には数多くの古典的西洋風の建築が現存する。      

        ホーチミン
            所謂、コロニアル風っていうやつですね。

    ホーチミン

中央郵便局です       

       ホーチミン

       ホーチミン

現在も郵便局として使われてます。 クールです。美しいですねぇ。

        ホーチミン

          すぐそばにはヨーロッパ風の大聖堂もあります。  

   ホーチミン
        
  元南ベトナムの大統領官邸

ベトナム戦争の末期、1975年4月30日に北ベトナムによって南ベトナムの首都サイゴンが接収された。これによって、共産主義陣営によるベトナム統一が決定的となった。これをサイゴン陥落と呼ぶ。因みに、「陥落」という表現は主にアメリカ側で使われる表現であって、当時ベトナム共産党はこれを「サイゴン解放」という。こちらに北ベトナム軍が押し寄せてきたそうです。 

  ホーチミン
 当時の戦車が残されています。
 中は博物館みたいになっていて見学できるそうですが、残念ながら閉まっていました。



    ホーチミン

           ベンタン市場  中はびっくりするぐらい広い!! 


  ホーチミン
 
907.jpg
                      べンタン市場

 食べ物だけじゃなくて、お土産やサンダル、衣料品なんでもある。
 ちょいな夫婦ここで値切りすぎて、店のおばちゃんに“おまえらには売らん!”と怒られる。


    ホーチミン

  ホーチミンはすっかり都会になっております。ヨーロッパのブランドショップも多い。


  カンボジアもベトナムも駆け足で回ったので、もう一度ゆっくり行ってみたいです。

  

庶民の海外旅行 ⑬

やっと、風邪がなおりました。熱もさがり、咳も治まってきました。
風邪で寝込むと家事をしなくても許されますが、元気になると家事しなくてはならない
それはそれで、いやだなぁと思う庶民ちょいなです。


旅もそろそろ、終わりに近づいてまいりました。
カンボジアを離れます。


        シアヌーク殿下

 空港にシアヌーク殿下の遺影があったので、手を合わしておきました。
 去年の10月に逝去されたそうですが、国中まだ喪に服していて歌舞は禁止だそうです。
 
 シアヌーク殿下はクメールルージュに幽閉されるなど、不幸な元首ではありますが、
 もうちょっと、しっかりしてたら悲惨な歴史も回避できていたのでは?
 まあ、その悲惨の過去のおかげでしょうか、
 日本を含め世界各国から援助の手が差し伸べられてます。
 あの、インド・中国でさえもカンボジアの遺跡修復を援助しているのです。
 確かにポル・ポトは毛沢東や周恩来と仲良しだったので、
 責任があるといえばあるよね。
 
 世界各国の援助で遺跡の修復を行い、それにより観光客を誘致できるようになった。
 現在カンボジアの観光収入は全て、国民の生活向上に使われてるんだそう。
 
 日本としてもODAで公共事業するよりも、遺跡の修復にお金出すほうが
 批判されないし、文化財保護とカンボジア発展のためになるんだったら、そのほうがいいよね。
 
 
 



庶民の海外旅行 ⑫

村上春樹の新作が話題を呼んでいるようですね。
どうせ、また中高校生の時に何かを喪失した、
万年中2みたいな主人公がうだうだ言い訳する自分語りだろう。やれやれ

30年前から喪失した男ばっかり書き続けてるんだよね。
同じような主人公ばっかり書いて飽きないのだろうか・・やれやれ

表現力や描写能力だけは抜きんでたものがあるから、
外国の翻訳やってたら一流なのにと思う。やれやれ

村上春樹がよく使う“やれやれ”が、すっかりうつった庶民ちょいなです。

さて、庶民の遺跡巡りもだんだん終わりに近づいてきました。

     王様の沐浴場

                こちらはスラ・ズラン王様の沐浴場になります。

      王様の沐浴場
         東西700メートル、南北350メートルの大きさを持つ。
       周囲には石段が設けられており、西側には砂岩のテラスがある。



 
 そして、この沐浴場の西側には・・・

      バンテアイ・クディ

     バンテアイ・クデイ

              バンテアイ・クディ 僧坊の砦という意味がある遺跡


もともとはヒンドゥー教寺院として、建てられその後仏教寺院に改造された。
で、他の遺跡と同じように、ヒンドゥー様式と、仏教様式が混ざり合い 所謂、鳥居に仏壇状態になっている

           バンテアイ・クデイ
      
                     東の塔門
           バンテアイ・クデイ


           バンテアイ・クデイ

  バンテアイ・クデイ
     

遺跡は特に保存状態が良い訳でもありませんが、迷路のような内部を歩くのにちょうど良い大きさです。デバターや阿修羅のレリーフがたくさん残っているので迷い歩きながら気に入ったものを探すのが楽しいです。
 
  バンテアイ・クデイ


この遺跡が有名になったのはソフィア・ミッション、上智大学遺跡国際調査団による調査で274点の仏像が発見されたことでしょう。その半分近くがポリア・ノロドム・シハヌーク・アンコール博物館に展示してあるそうです。



 最後に行った タケオ
     タケオ

   建設途中で雷が落ちて放置状態の遺跡。
11世紀初頭からかれこれ1000年以上放置されている。どんだけ、放置してるねん。

プロフィール

ちょいな

Author:ちょいな
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。